多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

甚徳庵での贅沢な時間
2011.08.31
 前回、陶芸家の坂田甚内さんの自宅にある茶室に泊めていただいたことを書いたが、もう少し詳しく書いてみたい。 甚内さんのアトリエは、益子の山奥にある。向こう三軒両隣はキツネさん一家、タヌキさん一家、そしてリスさん一家である。ちなみに、マングース族はいない。 広大な敷地の中に、体育館ほどもある巨大なアト
 
馬とのコミュニケーション
2011.08.27
 親交深い陶芸家の坂田甚内さんは行動範囲が甚(はなは)だ広く、甚だ強引だ。 「キミに会わせたい人がいるから8月21日の午後、空けといて」と言われていた。 「その日は僕のアトリエに午後1時半に集合し、それから大田原の那須野ヶ原ファームへ行って、その後、近くのスペイン料理店でたらふく飲み食いし、僕のアト
 
柳生博さんの素敵な雑木林
2011.08.23
 「13歳になったら、毛布と歯ブラシを持って一ヶ月の旅に出よ」 俳優の柳生博さんは13歳になった夏、祖父からそう言われ、家を出た。それが柳生家のしきたりだったのだ。 当時、柳生さんは茨城県霞ヶ浦に住んでいた。周りはどこを見渡しても平野ばかり。いちばん高い山でも筑波山(880メートル)しかない。だから
 
かの花の役割は
2011.08.19
 前回に続き、山の話題を。 山は登るにしろ下るにしろ肉体的にはハードだが、視線はあちこちに釘付けとなり、結果的に疲れを癒してくれることになる。遠くの山並みを見ては、「すっげー、あれはもしかして高天の原かぁ」と声をあげたり、足下の高山植物を見ては、「かっわいいー! きれいー!」を連発することになる。つ
 
きれい好きが北岳登頂
2011.08.15
 前回、すでに書いたように、北岳に登頂した。国内では富士山に次いで高い山(3193メートル)である。富士山は「登る山」ではなく「見る山」なので、登山好きにとっては最高峰と言ってさしつかえないだろう。 広河原山荘を出発したのは早朝6時少し前。最初の15分くらいを除き、行路のほとんどが登りだった。登り、
 
3000メートル級の山でお浄め
2011.08.10
 毎年この時期になると、高い山に登る。目安は3000メートル級。国内でそれだけの高さを誇る山はそうざらにあるわけではない。ほとんどが北アルプス・南アルプスに集中している。 最初に登った山は登山家憧れの山・槍ヶ岳だった。これは盟友・高久カズオ氏になかば騙されるような形で行くこととなった。かなり苦しい思
 
Recommend Contents
このページのトップへ