日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 一番大切なものは、一番慎重に隠されている。自然においても人間においても

一番大切なものは、一番慎重に隠されている。自然においても人間においても

小林秀雄

 彼の言葉をあげればきりがない。小林秀雄である。昭和を代表する知識教養人であり批評家だっただけに、小林の弁はときに耳に痛い。しかし、おそらく、そういう人こそ情に厚く、思いやりに長けているような気がする。単なる憶測に過ぎないのだが・・・。
 
「大切なものは目に見えないんだよ」
 星の王子さまの言葉だ。
 あまりに有名だから、説明する必要もないだろう。
 
 人は見たいものを見、聞きたいことを聞く。
 それが全体の、ほんのわずかな一部であったとしても。
 
 それゆえ、間違いを犯す。
 失敗もする。
 だからなんとか、その負のスパイラルから抜け出せないものかと思う。
 
 何かに書いてあった。
「飛ぶ鳥に気を取られて背後の空の重大さを見落としてはいないか」と。
 
 柳が緑で花が紅なのは、単なる偶然ではない。
 緑である理由、紅である理由があったのだ。
 
 相対するものの背景に、どんな歴史があったのか。
 その言葉の向こうには、どんな思いがあるのか。
 文章には書かれていない、作者が本当に伝えたいことは何なのか。

  
 目に見えるものは、氷山の一角。
 眼前に広がる世界はほんの一部であり、その裏側にこそ真実が潜んでいる。
 
 ほんとうにそのものを知りたいと思うなら、見えないところ、聞こえないところに意識を向けてみよう。

 植物の根も、生き物の内臓も、生命にもっとも重要なものは、こっそり隠されているのだから。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190604 413回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ