日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 艱難にあって初めて真の友を知る

艱難にあって初めて真の友を知る

キケロ

 カエサルと並ぶ散文詩の名手だったマルクス・トゥッリウス・キケロの言葉を紹介しよう。古代ローマの政治家として名を馳せ、文筆家や哲学者としても博学多才であったキケロ。その雄弁さにおいて、右に出るものはいなかったという。のちの西欧思想に多大な影響を及ぼした重要人物でもある。
 
 いい時というのは、人も物も集まってくる。
 ところが、
 運のめぐりが悪くなり、困難なことが降りかかってきたり窮地に陥ったとたん、人も物も潮が引くように去っていくのは世の常だろう。
 
 真実の友を知る最良の機会は、艱難なとき。
 辛く苦しい時に、側にいて親身に心配したり力を貸してくれる友ほど、ありがたいものはない。
 
 人生いいことばかりではない。
 天は乗り越えられない試練は与えないという。
 だとしたら、艱難にあうのは、きっと天に試されているのだ。
 
 その生き方でいいのか。
 その道でいいのか。
 それを極められるか。
 それは必要なのか。
 
 すべては、それぞれにとっての「真なるもの」を見極めるため。
 
 苦しい時に出会った生き方があるように、友は人とはかぎらない。
 本であったり、音楽や美術、思想哲学、動植物ということもあるだろう。
 一服のお茶に癒され、助けられることもある。
 
 苦しい時に出会ったものは、おそらく裏切ることはない。
 今が苦しい時と思うなら、真摯に苦しさと対峙してみてはどうか。
 きっと、真の友を得ることができるはず。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190407 第397回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ