日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自己評価をしっかり持っていれば、どんな場合も人の言葉に振り回されずにすむ

自己評価をしっかり持っていれば、どんな場合も人の言葉に振り回されずにすむ

カール・ヒルティ

 何度か紹介したことがある。『幸福論』でおなじみ、カール・ヒルティの言葉をふたたび。「幸福とは与えられるものではなく、自らが感じることだ」と多くの幸福論者は説く。なかでもヒルティは、観念論に終始することなく、具体的な実践によるアプローチで幸福へと導く。
 
 人はひとりでは生きていけない。
 だからなのか。
 他人からどう見られているかを気にする人は多い。
 
 けれど、他人の視線や評価を気にしすぎると、自分の軸はぶれてしまう。
 自分もそうであるように、人はつねに、新しいものやいいもの、琴線に触れるものを探し求めているのだから、その視線や評価は変わって当然。
 そんなものを拠り所にして、ふらふらと移り気な言葉に振り回されていては、せっかくの有限な時間を無駄にする。
 
 夜空を見上げて月に出会うと、なんとなくホッとする。
 満月や三日月、上弦、下弦、新月と、その姿はいろいろだけど、どんな月も月は月で、それが無性に嬉しいのだ。
 何年も、何百年も、何千年も昔から、ずっとそうやってそこにいるんだな、と思うだけで、ざわざわと波立そうになる心が、すーっと落ち着きを取り戻す。
 
 月だけではない、樹齢何百年という老樹や、歴史ある芸術文化など、悠久の時を経て残っているものは、経年に耐えうるだけのゆるぎない強靭な軸があるのだろう。

 包み込むような優しさや安心感があるのは、そのためか。

 時代に流されない理由もわかる気がする。
 
 水急不月流(みずきゅうにしてつきをながさず)。
 川の水が急流であろうと、水面に映る月影は流れはしない。
 どんなに視線や評価が移り気であろうと、自分という軸がしっかり立っていれば、決して流されることはない。
 

 自分の軸を立てるための方法として、ひとつ、古いものや歴史あるものに触れてみてはどうか。

 そうすれば、きっと軸は定まってゆくはず。 

 

「美しい日本のことば」連載中

(190317 第391回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ