日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 長い一日の終わりに良い本が待っているとわかっているだけで、その一日をより幸せに過ごすことができる

長い一日の終わりに良い本が待っているとわかっているだけで、その一日をより幸せに過ごすことができる

キャスリーン・ノリス

 アメリカの作家、キャスリーン・ノリスの言葉を紹介。彼女の詳細についてはあまりわかっていない。最近手に入れた『書物のある風景』という知的な美術書にこの言葉があった。数ある名画には読書する人や風景の中に本が描かれた作品は多い。眺めているだけで、知的好奇心がゆさぶられる。
 
 一日は朝に始まり、夜に終わる。
 繰り返し訪れる日々が、いつも良い日だとは限らないし、悪い日だとも限らない。
 ついてる日もあれば、まったくついてない日もあるのが人生。
 誰のもとにも訪れる一日を、良い日にするかしないかは自分次第。
 
 読書や音楽鑑賞、映画鑑賞、日曜大工や料理、裁縫などの手仕事、絵を描いたり楽器を奏でたり、家族との団らんなど、何を楽しみ喜びとするかは人それぞれ。
 長い一日の終わりに、喜びが待っていると考えるだけで、一日中ハッピーに過ごせることは大いにある。
 
 後に控えている楽しみは、生きるエネルギー。
 人がどう思おうと、その喜びは自分だけにしかわからない。
 それでいいじゃないか。
 小さな喜びが待っている毎日は、何ものにも代えがたい、大きな幸せになるのだから。
 
 あなたの一日の終わりには、どんな喜びが待っていますか?

 

「美しい日本のことば」連載中

(181102 第358回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ