日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > われとわれに声かけてまた歩き出す

われとわれに声かけてまた歩き出す

山頭火

「分け入っても分け入っても青い山」で知られる種田山頭火の一句を紹介。季語や五・七・五調の定型を一切無視し、自然や心情を独自のリズムで読んだ自由律俳句は、俳句というより山頭火のつぶやきのよう。よそよそしさもなく、風の歌のように、ふとした瞬間耳に聞こえてくる。

 

 われとわれに声かけて・・・。

「さあて、そろそろ行きますか・・・」

 と言ったかどうかはわからないが、しばしの休息のあと、山頭火はふたたび歩き出したのだろう。

 

 道を歩き続けるのは、ときに苦痛をともなう。

 道なき道ならなおさらだ。

 身も心も疲れきってしまうこともある。

 だからこそ、休むことは必要。

 体を休め、喉を潤し、ふーっと息をはく。

 息を吐き出せば、自ずとすがすがしい空気が入ってくる。

 

 体は正直だから、たまったものを吐き出したくて、いろんな方法で「疲れたよ」とSOSを出す。

 病気も、イライラも、愚痴も、攻撃も、あるいは無気力も、表に出る症状は何かのサイン。

 

 「おーい、主人公、起きてるか?」

 と瑞巌和尚が、毎日自分に問いかけたように、

 「おーい、自分、大丈夫か? 元気か? 生きてるか?」

 と、毎日自分に問いかけてみてはどうか。

 きっと、何か返事があるにちがいない。

 

 歩き続けるために、きちんと休む。

 休んだあとは、「おーい、そろそろ行くぞ」と自分に声をかけて歩き出す。

 

 われとわれ(仏)は歩き続けたくて、エネルギー源の楽しみや休息を求めてくるのじゃないだろうか。

 

「美しい日本のことば」連載中

(181018 第353回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ