日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 興隆の要因となった同じものが、衰退の要因になる

興隆の要因となった同じものが、衰退の要因になる

塩野七生

 イタリア史、古代ローマ史を語らせたらこの人の右に出る人はいないであろう、塩野七生。

 2000年にはその功績を称え、イタリア共和国功労勲章グランデ・ウッフィチャーレ章を受賞している。

 ローマ史に残る英雄たちに本気で恋い焦がれた女史が、歴史を紐解き、彼ら英雄たちの興隆と衰退の原因を探り至った結論が、これだ。

 

 興隆と衰退に共通する要因とはなにか。

 はっきり言ってしまえば、「欲」である。

 

 前回、紹介した豊臣秀吉の一生を見れば一目瞭然。

 百姓から天下人への道のりは、まさに欲なくしてありえなかった。

 そして、その成れの果ても。

 金ぴかの茶室こそ、その表れではあるまいか。

 純粋な出世欲も、行き過ぎるとただの強欲になってしまう。

 

 欲が悪いのではない。

 それを操る人間に問題がある。

 

 どんなに時代が変わろうと、人間の本質はそう変わらない。

 文明が発達し、技術の発展がめざましい現代であっても、それは同じこと。

 

 人は昔から欲と闘ってきた。

 しかし、欲は自己からうまれたもの。

 闘う必要はない。

 ガンと同じで、それも自分の一部だと思ってうまく付き合っていけばいい。

(170702 第326回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ