日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > おれは、自分の日常が遺言であるような、そんなたしかな生き方をすることができるだろうか

おれは、自分の日常が遺言であるような、そんなたしかな生き方をすることができるだろうか

『塩狩峠』より

 北海道は旭川を拠点に作家活動を続けた小説家、三浦綾子の『塩狩峠』より抜粋した。

 三浦自身、敬虔なクリスチャンということもあり、どの作品もキリスト教の教えが軸となっている。

 この一文は、主人公が父親の遺言を知ったあとに思う心の内である。

 

「人間は、いつ死ぬものか自分の死期を予知することはできない。

 ここにあらためて言い残すほどのことは、わたしにはない。

 わたしの意志はすべて菊が承知している。

 日常の生活において、菊に言ったこと、信夫、待子に言ったこと、

 そして父が為したこと、すべてこれ遺言と思ってもらいたい。

 わたしは、そのようなつもりで、日々を生きて来たつもりである。

 とは言え、わたしの死に会って心乱れている時には、この書も何かの力になるここと思う」

 

 遺言の序文である。

 

 毎日が遺言のごとき生き方をしているならば、それはもう、思い残すことはないだろう。

 常に死を意識して生きることの、なんと尊く輝かしいことか。

 この一瞬は、かけがえのない大切な時なのだとわかる。

 

 残して逝く者は思う。

 自分の人生、はたしてこれでよかったのか。

 何を残していくのだろう、と。

 

 残された者は、やがて気づく。

 あの人が残してくれたものは、人生まるごとだったのだと。

(161216 第266回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ