Chinoma
HOME > 2013年の記事

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

2013年の記事

2013.11.18
『Japanist』の前号では、木の彫刻で精緻に植物を表現する須田悦弘氏を紹介したが、次号では金属加工などで超絶技巧の世界を築いた明治期の「職人アーティスト」を紹介する。そのための…
2013.11.14
食品偽装が相次いでいる。なんとも醜いのは、それが発覚した後のトップたちの対応だ。おしなべて現場の責任にしている。情けない大人たちだ。彼らももともとは優秀な人材だったのだろう。優秀な…
2013.11.11
ベンジャミン・フランクリンの言葉ですが、日本人にとっては耳の痛い格言です。賢い人とは、さまざまな状況に応じて、自分の考えを総動員して的確な判断を下すことができる人。一方、愚かな人は…
2013.11.10
この夏、ローソンは社員の健康診断の受診率100%を目指し、受診しない社員とその上司の賞与をカットすると発表した。それを報じた『日経ビジネス』誌では、松永真理氏という人が、「健康リテ…
2013.11.06
11月1日、福島県の安達太良山に登った。じつは、3年前もトライしたのだが、峰の辻付近で濃厚な霧に包まれ、周りが見えなくなってしまったので、やむなく断念したという経緯があった。だから…
2013.11.02
広島で木原伸雄さんを取材した。木原さんは、『Japanist』に「志路・竹の子学園物語」という題で、12回連載をしていただいたことがあるので、名前を記憶している方もいるだろう。竹の…
2013.10.29
仕事で広島へ行ったついでに、原爆ドームを見て来た。まさに百聞は一見にしかず。一発の原爆により当時の広島市の人口約35万人のうち9万人から16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡し…
2013.10.23
『Japanist』第19号が完成した。以前もこのブログで書いたが、本号より私ひとりで編集・制作をすることになったので、どんな事態になるのか、密かに危惧していたが、フタを開けてみれ…
2013.10.19
「川端康成コレクションと東山魁夷」展が宇都宮美術館で開催されている。川端康成が「美の求道者」ともいえるほど美術品蒐集に執着していたことは、今年4月に読んだ『大和し美し』という本で知…
2013.10.15
あらためて自分の半生、特に起業してから今までのことを思い起こすと、仕事と遊びの波が極端な高低差で続いてきたことがわかる。当然ながら、創業期は楽しみながらも死にものぐるいで仕事をした…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ