多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

病は気から、春は恭子ちゃんから
2012.01.29
 このところの寒波はなんだ? 寒さに滅法弱い私は、体表面積を80%くらいに縮めて放熱を抑え、ふだんより1枚余分に着込んで対応するものの、やはり劣勢は免れない。 ちなみに、暑さには強い。さすがに昨今の猛暑はいい加減にしてほしいと思うものの、昨年などは暑い日盛りにジョギングで汗を流し、冷凍庫でキンキンに
 
どっちもどっち
2012.01.25
 ふだん、都内にいるときは新聞を読まないしテレビも見ない。ネットニュースだけで事足りる。宇都宮の自宅に戻ったとき、まとめて新聞を読むが、「あ、これはネットで読んだ」というものが大半で、情報の鮮度が重要な新聞にとって、これからは大変だろうなあと思わざるをえない(本や雑誌はもっと大変なのだが……)。 先
 
水を感じさせたいから水を抜く
2012.01.21
 枯山水について、不思議に思ったことはないだろうか。 私は何度もある。枯山水とは、龍安寺や南禅寺や銀閣寺にある、アレである。砂に引いた流線が水の流れを表すのだという。理由がふるっている。「水を感じさせたいから水を抜く」。ふつう、水を感じさせたいのであれば、そこに水をひく。しかし、あえて水を使わずに水
 
相手の格によって使い分ける美食外交
2012.01.17
 本題に入る前に……。 国歌の起立斉唱命令に従わず、東京都教育委員会から懲戒処分を受けた公立校の教師らが、都の処分取り消しと損害賠償を求めた裁判で、最高裁は「都の処分は重すぎる」との判決を下したとの一報が、昨夜酒を飲んでいるときに入ってきて一気に悪酔いした。 日本は素晴らしい国だが、同時に、異常な国
 
黒澤明とお気に入りの公園探索
2012.01.12
 最近、少しずつ続けているものがある。黒澤明の作品をもう一度すべて見ることと、いろいろな公園を歩くこと。黒澤作品は日本の文化遺産なので、すべての作品を持っていなければならないという認識のもとに、10年ほど前にDVDで揃えた。 まず、てはじめに『赤ひげ』『七人の侍』『生きる』を見た。あらためて思うこと
 
本は先生
2012.01.08
 100歳まで生きると仮定して、すでに折り返し地点を過ぎてしまった。 今までそれなりに高性能を誇ってきた私の体も、ガタピシと文句を言い始めている。数ヶ月前、左肩が異様に痛くなり、真上に上げられない状態になってしまったのだ。知人は「五十肩じゃないですか。一年くらい続くかも」と言い張ったが、一ヶ月ほどで
 
Recommend Contents
このページのトップへ