メンターとしての中国古典
HOME > Chinoma > メンターとしての中国古典 > 兵は拙速を聞くも、いまだ巧の久しきを睹ざるなり

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

兵は拙速を聞くも、いまだ巧の久しきを睹ざるなり

2020.03.31

 これは「孫子の兵法」の一節です。その意味は、「戦争は多少拙い(手際が悪い)くても、すばやく勝負をつけるほうがよい。戦術がすぐれていても、それが長く続くという保証はない」という意味です。

 つまり、100点は狙わず60点でもしっかりと結果を出して態勢を固めることが大切。完全を期して対応が遅れたり長期戦で大切な人や金を失うなど、大きな損害を被るのを避けるのが賢明だということです。

 

私の苦い経験

 

 私は経営コンサルティングを生業として30年以上過ごしてきましたが、「拙速」の大切さを痛感したことがあります。それはコンサルタントになりたての頃の話ですが、非の打ち所のない提案書を作ろうと、時間をかけてレポートを作っていました。そうすると調査やインタビューを行なってからレポートの完成まで一月ほどかかり、報告に行った時に、クライアントはすでに手を打ってしまっていたということがありました。完全な空振りです。その提案も2週間前ならば意味があったが、タイミングを逸し陳腐化して意味のないものになっていたのです。これは「兵は拙速を聞く」に反することをしてしまった失敗でした。

 そもそも経営に正解はなく、仮説と検証を繰り返してより良い答えを探し続けることが大切です。常に状況は変化しており、60点でもいいから早くアイデアを出し、クライアントとともに答えを探していく方が価値があるという教訓を得ました。

 

台湾の新型コロナ・ウイルス対応に学ぶ

 

 世界を揺るがしている新型コロナ・ウイルスの感染は戦争ではないですが、目に見えない敵との戦いと言えるでしょう。この問題に一番適切な対応をとっていると言われているのが台湾です。 台湾では、

1)昨年12月31日、中国・武漢市が原因不明の肺炎の感染者を公表した直後に、台湾のCDC(Taiwan Centers For Disease Control)は当日すでに情報を把握し検疫強化を指示した。またその日のうちに注意勧告をし、武漢からの到着便に対して検疫官の立ち入り検査を実施した。

2)1人目の感染者が出た後の今年1月26日には湖北省からの入国を禁止し、2月6日には入国禁止の対象を中国全土に広げた。

3)2月2日~24日すべての幼稚園、小中学校、高校を休校にする措置をとった。その間2万5000本の体温計と8万リットルの消毒液を購入して学校に配布した。

4)公共施設の入り口、地下鉄の改札口にもサーモグラフィを設置し、38度以上の人は乗車や入場を断るということを徹底した。病院でも問診は外に設置されたテントで行うなどの対策を取っている。

5)2月6日以降はマスク購入に実名制を導入し、必要な人に公平に行き渡らせる措置も講じた。デジタル担当の政務委員(閣僚)オードリー・タン(唐鳳)氏をはじめ、シビック・テッカー(テクノロジーを使って社会課題解決をおこなう市民グループ)たちによって作られた全国の薬局マスクマップや保険証との連動による配給型のマスク購買システムを運用開始した。

6)2月25日には、ウイルスの感染拡大により打撃を受けた産業を救済するための特別法が可決され、600億元(約2200億円)を上限とする予算が組まれた。他にもマスクなどの防疫物資の買い占めや転売、デマの拡散に刑罰を科した。

台湾は2002年にSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した際、WHOから診断方法などの重要情報を得られず、SARS封じ込めに苦しんだ経験があります。SARSでの死者は180人に達し世界ワースト2位、SARSの終息は世界でもっとも遅れた教訓が背景にあるようです。

 大過がなければ取り越し苦労となるかもしれないが、リスクを大きく見て思い切った初動をとりました。これは「兵は拙速を聞く」の成功モデルと言えるでしょう。

 

改革成功の秘訣

 

 会社の将来を考えた場合、経営を改革すること、そして将来の飯の種となる新規事業を立ち上げるのはとても重要なことです。ところが両方ともなかなか成功しません。この2つに共通するのは、先が見えず結果が出るまでに時間がかかるということです。そこで大切なのは忍耐なのですが、みんなが忍耐力や持久力を持ち合わせているわけではありません。何らかの結果が出ないと不安になるのです。 

 そこで大切なのは形にかかわらず、小さくても良いから目に見える結果を出すことです。倫理的法的に問題がなければ、どんなやり方でも手段を問わず結果を出すことです。そうすることで、周期の理解が得られ前に進んで行くことができます。正に、経営は「兵は拙速を聞く」です。

 

「拙速」の3つの効用

 

①挑戦のハードルを下げる

 新しいことに挑戦することが大切な今の時代において、100点を狙うと何もできません。リスクゼロ、確実性を第一優先に考えると新しいアイデアはすべて潰されます。最初は60点でOKとするならば、挑戦のハードルが下がります。まずやって見て、小さな成功を積み重ねて大きな成功につなげていけば、リスクも少なく小資本でもいろんなことができるでしょう。これは成功するベンチャーの常套手段です。また、このステップ・バイ・ステップのやり方はコツコツやるのが得意な日本人の気質に合っているのではないでしょうか。

 

②信頼を獲得する

 何か新しいことを始める時は、周囲の理解や協力が大切です。しかし、新しいことを始めると、周囲からは「何をやっているかわからない」「金食い虫で自分たちのボーナスが削られる」など誹謗中傷が少なからずあります。この誹謗中傷が新しい芽を摘んでしまいます。

 周りを巻き込んで大きな唸りにしていくためには、できるだけ早く小さくても目に見える成果を出して、信頼を勝ち得ることが肝要です。そうすれば良い流れや良いリズムができて、「勝てば官軍」の如く指導権を握ることができます。

 

③好機を活かす

 ビジネスではスピードが大切です。スピード以上に大事なのはタイミングです。日頃からしっかりと準備し、ここぞという時に一気に動く。つまり「好機」を逃さないということです。タイミングを知るには、世の中のサイクルを知ることが大切です。例えば、マーケティングの世界では、製品には導入→成長→成熟→衰退というとライフサイクルがあります。他にも景気や株価の循環サイクル、そして個人にもバイオリズムがあります。この世の中は陰陽で成りたち、登り坂(陽)と下り坂(陰)を繰り返しています。この世の中のサイクルを理解することで、いつ何をすべきなのかも明確になります。

 

 パンデミック対応であれ、ビジネスであれ、「兵は拙速を聞く」の如く行動することが成功の秘訣と言えるのではないでしょうか。

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

三村 邦久

三村 邦久

1961年、兵庫県生まれ。

株式会社アイパートナー代表。中小企業診断士。著書に『「愚直経営」で勝つ!』(PHP研究所)、『豊かな働き方 貧しい働き方 自分と組織のマネジメント論』『うーにゃん先生の持ち味コーチング』(いずれもフーガブックス)。

株式会社アイパートナーHP

http://www.i-partner.co.jp

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ