日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

松のことは松に習え

松尾芭蕉

『論語』などの漢籍に見る「子曰く…」。「先生が言うことには」と、弟子が師の教えを書き留めた文章は日本にもある。松尾芭蕉の弟子、服部土芳が書き留めた『三冊子』。このなかの「赤冊子」にこの言葉はあるという。俳人の石寒太氏の著書『芭蕉の晩年力』に見つけた。
 
 土芳が書き留めたものをそのまま抜粋してみよう。

 

 ―― 師の詞(ことば)ありしも、松のことは松に習へ、竹のことは竹に習へ、と師の詞ありしも、私意を離れよ、といふことなり。この習へというところを己(おの)がままにとりて、つひに習はざるなり。

 

「芭蕉先生が『松のことは松に習え、竹のことは竹に習え』とおっしゃったのは、『対象物に対する先入観を捨て去って、ひたすら物とひとつになりなさい』ということを言われたのです。ところが、そういう態度をとらず、自分勝手に気ままに対象物を把握し、結局、『習う』ことすら順わないで終わってしまうことが、本当に多いのです」(石寒太訳)
 
 松のことは松に習え、竹のことは竹に習え。
 先入観をすて、ひたすらその物とひとつになれ。
 芭蕉はそう言ったという。

 

 その証拠に芭蕉は、岩手県・平泉の義経終焉の地では攻め滅ぼされた兵士たちに、山形県・立石寺では蝉(あるいは岩?)になって、
「夏草や兵どもが夢の跡」
「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」
 と、名句を詠んだ。
 
 相手を知ろう、わかろうと思うなら、まずはそのものになりきったほうが話は早い。
 なりきれないなら、眼を見開き、耳をすまして聴いてみる。
 そこに「我」はいらない。
 ただただ、滅私、没我で対峙する。
 そうすれば、相手の訴えが聞こえてくるはず。
 心象風景も見えてくるはず。
 
 松のことは松自身がよく知っているのだし、
 竹も「竹のことは私に聞いてください」と言うにちがいない。

 

 餅は餅屋。
 われ以外みな師と思って、まずは耳を傾けてみよう。

 

●神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「月影(つきかげ)」を紹介。月の影であると同時に月の光でもある月影。とりわけ歌に詠まれる月影は、夜空からふりそそぐ月の光を言うのでしょう。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

●「日日是食日」連載中

(201111 第680回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ