日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

稽古とは 一より習い十を知り 十よりかへる もとのその一
千利休
「初心忘るべからず」とは世阿弥の言葉だが、そのことを歌った千利休は、茶の湯の精神を「茶道」にまで昇華させた。 この歌は、まさに利休の人生そのものではないだろうか。 茶の湯の世界は一期一会だと言った利休は、あの狭い茶室の中で、世の無常観を伝えたかったのだろう。 二度ともどらない時を、共に過ごす客人のた
 
みずからが自分にとっての、いちばん厳しい先生たれ
グレン・グールド
 1982年にこの世を去ったクラシック界の異端児、グレン・グールドは、“希代のバッハ弾き”“エキセントリックなピアニスト”など、数々の異名をとった謎多き演奏家であった。 生前、人嫌いで有名だったグールドから、幸運にもこの言葉を引き出させた日本人ピアニストがいる。 熊本マリ。 カナダでピアニストになる
 
言葉には、万物を創造する力がある
池田晶子
 46歳の若さでこの世を去った文筆家、池田晶子。考えることと言葉での表現に生涯をささげた彼女は、世界は言葉によって形づくられていると提言する。 中学校3年生の国語教科書に取り上げられている『言葉の力』は、思春期の子どもたちに「言葉」の重要性を訴える。 言葉では言い尽くせないものがあれば、言葉が凶器た
 
リコウよりバカが英雄なのだ
赤塚不二夫
 ギャグ漫画『天才バカボン』が生まれた背景には、赤塚不二夫のある思いがあった。「バカに真実を語らせよう」 そこからバカボンが生まれ、バカボンのパパが生まれたという。 歴史を振りかえってみると、時代の転換期に現れる革命児たちは、往々にして「バカ」がつくほど常識はずれである。 彼らにとっての常識は世間の
 
行きづまったら、冬眠する。そうすれば無駄なケンカも競争もしなくていい
堀文子
 真剣に孤独と向き合い、自然の命を描き続ける日本画家、堀文子。100歳を目前にして凜としたその姿は、彼女が描く草花同様、無駄な飾りがない。踏まれても摘まれてもあきらめず、志を貫き自力で生き抜く名もなき花たちの姿とかさなり、まるで、草花たちが彼女の声を借りて語りかけているようだ。 冬。 生きものたちは
 
精神を鍛えるにはどうすればいいか。それは、筋力を鍛えるのと同じで、精神にストレスを与えればいい
渡部昇一
 現代はストレス社会と言われている。老いも若きもストレスに押しつぶされ、病気になってしまったり、あげく、死に至る人もいる。 ストレスにもいろいろあるだろうが、その大半は、何らかの悩みを抱えているということではないだろうか。 では、「悩み」は悪いものなのか。 渡部昇一氏は、著書のタイトルにこう掲げる。
 
Recommend Contents
このページのトップへ