多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

胴長の海
2010.05.27
 ハーイ、海で〜す。 と若い子ぶって登場したけど、実は私、今年の4月で10歳になりました。 10歳といえば人間ならまだ小学生だけど、ネコ年齢ではおよそ55歳。現実を直視したくないけど、もう若くはないのです。たしかに自慢の胴はご覧の通り、伸びる一方だし、ご主人様に揉まれ過ぎて下腹はあんころ餅みたいにブ
 
最後のフーガ・パーティー
2010.05.23
 去る4月28日、『fooga』の最後のパーティーが宇都宮のオトワレストランで行われた。 サポーター、執筆者、そして特集で紹介した方々などを合わせ、約70人が集まり、有終の美を記すことができた。 このパーティーを開いてもらった立場として、まずこの場を借りて感謝の気持ちを述べたい。 冒頭のスピーチでも
 
論語の一言
2010.05.15
 わが師(勝手にそう決めている)・田口佳史先生の新著の売り上げがとても好調のようで、弟子(勝手にそう言っている)として、嬉しさもひとしおである。 『論語の一言』というタイトルにもあるように、現代に有効な論語の「肝」を田口先生が解釈したものである。 やはり現代人の多くは、生きる羅針盤を失っているのだろ
 
日本創新党の候補者
2010.05.13
 本日、青山ダイヤモンドホールで、日本創新党の参院選第1次候補者発表会があった。ちょうどその直前に近くである取材をしていたことから記者会見に立ち会った。 選挙区3人、比例区3人の計6人で、代表幹事の中田宏氏や政策委員長の齋藤弘氏の名前もあったが、党首の山田宏氏が立候補するかどうかは明言されなかった。
 
多樂、怒る
2010.05.08
 約10年ぶりに名古屋城を訪れた。前回は関ヶ原へ行った後に訪れたのだが、「何も感じるものがないな」という印象しか残らなかった。 なぜそうなのか、今回わかった。 歴史的遺産としてではなく、遊園地のような扱いをしているからだ。 たしかに子どもたちが楽しく学べることはいいことかもしれない。しかし、「歴史的
 
日本史の生き証人
2010.05.02
 とうとう憧れのご老体に会えた。 御歳約1500歳。大化改新以前から日本の来し方を見守ってきた老師である。 岐阜県本巣市にある淡墨桜は、福島県三春の瀧桜、山梨県の山高神代桜と並び、日本三大桜と称される。 今までに瀧桜と神代桜には会ったが、根尾谷の淡墨桜に会う機会を逃し続けてきた。この時期になって、よ
 
Recommend Contents
このページのトップへ