多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 胴長の海

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

胴長の海

2010.05.27

 ハーイ、海で〜す。

 と若い子ぶって登場したけど、実は私、今年の4月で10歳になりました。

 10歳といえば人間ならまだ小学生だけど、ネコ年齢ではおよそ55歳。現実を直視したくないけど、もう若くはないのです。たしかに自慢の胴はご覧の通り、伸びる一方だし、ご主人様に揉まれ過ぎて下腹はあんころ餅みたいにブヨーンとだらしなく揺れている始末です。くわばらくわばら、したばらしたばら。

 

 と、それはいいとして……。

 

 困ったものですね、人間界も。なんですかぁ、あの日本の総理大臣は。

 言葉はまるで無重力状態、国家観はネコの額のように狭く、目は焦点定まらず、自己顕示欲だけは異様に強くて根拠もないのに日本は二酸化炭素を25%削減するなんて公言してしまう。はっきり言って、注目を浴びたかっただけ、というのは今になればよーくわかるわよね。

「ヤツは田中角栄以降、ワースト3に入る」とうちのご主人がなにものかに憑かれたように言っているけど、海もそう思うよ。ちなみに、他の二人は村山富市と宇野宗佑だって。

 で、史上最強のおぼっちゃん宰相の脇を固める二人もひどいわ。

 一人は福島瑞穂さん。なんてったって、自分はこの国が好きではないと言ってはばからないツワモノ。眉間の縦ジワがコワイんですけど。

 でも、さすがに社民党の党首です。社民党の前身・社会党は、サンフランシスコ講和条約の際も独立反対を唱えていたし、小泉さんが北朝鮮へ行って拉致被害者を連れてきた時でさえ、拉致はなかったと言い張っていた「とんでも政党」。最大の抑止力は平和憲法だと言っているようだけど、しかし、自分の家はきっちりと戸締まりしていると思うよ。なにしろ弁護士で荒稼ぎしたからね。庶民の味方というのは隠れ蓑で、実は庶民はお得意さんなのです。

 くわばら、したばら。

 で、もう一人は、なんでしたっけ、あの顔がマンホールのようにデカイ人。えーと、亀、かめ、カメ・・・亀田兄弟じゃなくて、もしもしカメよじゃなくて、えーと、そうだ、亀井静香さん。

 名前だけは素晴らしい。名前だけはね。

 無責任さにかけては、右に出る者はいないでしょうね。来年は100兆円以上の予算を組め、とか、郵政民営化はオレ様の利権を脅かすから元に戻せとか、とにかく国にお金を使わせたくて仕方がないらしいわ。もちろん、稼ぐ人は別よ。それは国民。そして、もちろん、返すのは将来の日本人、つまり、今の子どもたち。

 ほんとう、この国の子どもたちが可哀想です。

 

 と、この辺で、下腹のお肉を絞る体操をするからね。

 また、来月あたりにお目にかかりましょう。

 (100527 第170 写真は胴の長さを誇示する海)

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ