多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 御家形様はアンパンマン

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

御家形様はアンパンマン

2008.07.26

 御家形様(おやかたさま)と呼ばれ、多くの人に幸せと笑いをバラまいている高久和男さんが生誕60周年、つまり還暦を迎えた。本人はあくまで50歳と言い通しているが、お腹もポッコリ出てしまい、もはやどう繕っても嘘八百の域を出ない。それでもかたくなに「俺は50だ!」と主張するあたり、さすがは御家形様である。

 御家形様の尋常ならざる生態は、拙著『多樂スパイラル』の200ページ目を読んでいただければすぐにわかる。なにしろ、型破りのハチャメチャ凄腕人生なのだ。酒を一滴も飲まずに毎月数百万円の飲み代を浪費し、自分を茶化しながら暗〜い世相を少しでも明るくしようと行動している。日本広しと言えど、彼のようにヒッチャカメッチャカな経営者はいないだろう。これについては私が太鼓判を押す。もし、もっとスゴイ社長を知っているよ、という人は、ぜひ連絡してください。

 と、一方的に貶めているように見えて、実は御家形様、10以上もの会社を持っていて、すべて人に実務をやらせて、ほとんどがうまくいっているから並みではない。グループ企業の内、2社はウラ若き?女性を社長に据えているのだが、「頑張って、僕の飲み代を稼いでね♥」と言うだけで、あとは何もせず、ワッハッハーと笑って去るだけである。たぶん、私が同じことをしたら、袋叩きにあうだろうな。やはり人徳か。

 ところで、御家形様はそんな風だから、どこへ行くにもウラ若き女性を伴ってる。毎回ちがう人がくっついてくるので、誰もその女性の名前を覚えようとしない。どうせ覚えたとしても、1回ポッキリだから無意味な徒労なのである。

 御家形様は美食家を気取っているが、実はアンパンとメロンパンが大の好物で、それ以外の食べ物にはあまり重きをおいていない。逆を言えば、アンパンとメロンパンには病的にうるさい。どこどこのアンパンは餡がどうのこうの、このメロンパンの表面はどうのこうのと、とにかくマニアックなこだわりようである。

 さて、御家形様が経営するイタリア料理店で催された還暦祝いパーティーに20名ほどが参加したが、全員からのプレゼントが面白い。なんとデコレーションケーキ並みに大きいアンパンとメンズエステ券である。メンズエステに行って男を磨き、さらにモテるようにとの願いが込められていた。

 写真は、結局、参加者の誰もが名前を知らなかった女性にアンパンを食べさせてもらうところである。これだけで死ぬほど盛り上がったのは言うまでもない。

(080726 第61回)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ