多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 再び、走る男に

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

再び、走る男に

2013.08.08

ランニングシューズ 最近、走っている。

 以前は生活のなかに「走る」という行為が当たり前のようにあった。ホノルルマラソンに参加したこともある。海外旅行をしても、現地で走っていた。10キロ走で自分なりにタイムを追求していた。真夏の炎天下、近くにある陸上競技場の周りでインターバルトレーニングをしていた。1周、だいたい800メートルくらいだろうか。5本もやると、滝のように汗が吹き出した。今、同じことをしたら、まちがいなく熱中症になってお陀仏になっているだろう。

 でも、若い時分は、その無茶が好きだった。たっぷり汗を流した後のビールが旨くて、ひたすら自分の体を痛めつけた。あの時のビールは、ゆうに1万円の価値があったと思う。

 しかし、いつからだろう。走ることをやめたのは。走ることをやめて、もっぱらウォーキングだけになった。

 歩くことも快適だ。じっくり風景が見られるし、有酸素運動にはもってこいだ。

 ところが、歩くだけでは、なんとなく不完全燃焼だったということが最近、わかった。

 そこで、走ることにした。

 都内にいる時は新宿御苑の外周の内側を走る。1周約15分かけてゆっくりと。コースのほとんどは大木に覆われているので、カンカン照りでも日陰を走ることができる。

 宇都宮にいる時は、栃木県総合運動公園を走る。ここは私の馴染みのコースだ。新宿御苑のような立派な大木はないが、そこかしこでスポーツに興じているのを横目で見ながらジョギング専用コースを走るのが好きだ。コースの両側にはサクラの木やイチョウの木が並んでいる。

 もはや、スピードを競う年齢ではない。美しいランニングスタイルとはほど遠い。

 でも、走ることは気持ちいい。その感覚を思い出し、いま、その歓びを噛みしめている。

(130808 第444回 写真は、新調したランニングシューズ)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ