多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 尖閣諸島は日本領だと答えられない人のために

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

尖閣諸島は日本領だと答えられない人のために

2012.04.19

 「尖閣諸島は中国の領土だ!」

 もし、あなたの周りに日本語の達者な中国人がいて、上のようなことを大声で主張したら、あなたはなんとする? 黙って聞いているのだろうか。あるいは、日本固有の領土であることを説明するだろうか。もし、黙っているとしたら、それは菅直人と同じくらい罪な日本人である。

 

 では、模範説明のひとつを書いてみよう。

 「どうやらあなたの脳みそには石っころが詰まっているらしいね。自分では考えられないので、中国共産党に吹き込まれたウソ八百を繰り返しているのだろう。そもそも、なんであなたたち中国人は無意味に大声なのだ?

 脳みその石を冷やして、よく聞け。日本が尖閣諸島の領有を国際社会に宣言したのは1895年、今から117年も前のことだ。その宣言の前、10年間にわたって調査を行い、近隣諸国に照会し、どの国の領土でもないということをきちんと確認している。その後、尖閣諸島に日本人が移住し、鰹節工場も作っている。

 ところが、世界一勝手な国・シナは1970年代に入ってから、突如、自国の領土だと言い始めた。その近辺の海底に資源があるということがわかったからだ。こういうのを、日本では “盗人猛々しい” という。あんたがたは不正入国、密輸、コピー商品の乱造・販売、著作権侵害など、およそ考え得る悪行を国家ぐるみで行っているが、天国の孔子様が泣いておろうぞ」

 最後の言葉は余分だった。ヤツらには言ってもわかるまい。

 

 東京都の石原知事が、尖閣諸島を都が購入すると発表した。久しぶりに味わう痛快さである。本来は国がやるべきことだが、自民党も民主党もシナから文句を言われるのがイヤで及び腰だった。シナという国は、十数億人もの人口を抱え、これからどうやって人民を食べさせていくかということが国家的命題だ。飢えれば攻撃の矛先は共産党に向くのを知っているからだ。だから、「カラスは白いと言ったら白だ!」というトンデモナイことを言い始める。

 石原知事は瓦礫処理の問題など、最近になって強いリーダーシップを発揮してきた。もしかすると、芥川賞選考委員を辞任したことも影響しているかも。石原さんじゃなくても、あんな半径数百メートルくらいの引きこもり小説をいくつも読まされたのでは気持ちが委縮するばかりだろう。

 私にとって、石原慎太郎は政治家というより、『太陽の季節』の著者である。あの作品を読んだときのインパクトは今でも忘れることはできない。

 亀井なんとかという利権の塊がそのまま顔の大きさに直結しているような男とは距離をおき、残りの人生を日本のために尽くしてほしいものだ。

(120419 第334回 左から尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島。国土交通省より))

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ