日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

偉大な思想などにはならなくともいいから、偉大な質問になりたい
寺山修司
 詩人、俳人、歌人、作詞家、劇作家…と、肩書きをあげたら切りがないほどの多才ぶりで、一陣の風となって去っていった寺山修司。死してなお異彩を放つちつづける寺山の、遺していった言葉には未だ彼の魂が宿っているようだ。この言葉もそのひとつ。    以前取り上げた、まどみちおの言葉にあった。 「世の中に「?」
 
腹が減ったら、何でもうまい
清水公照
 故、東大寺長老の清水公照老師の言葉である。書画や陶芸などでも独特の味わいをみせ、書においては「今良寛」と、その人柄や精力的な布教活動からは「今弘法」との異名があったという。 腹が減ったら何でもうまいのは、当たり前じゃないか。 それのどこが「ちからのある言葉」なんだ! と、思ったあなた。 まったく、
 
生きるというのは、なんてこう、じたばたしなくちゃならないのかと思います
茨木のり子
「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」と喝破する詩人、茨木のり子の言葉をひとつ。彼女の言葉は彼女の生き様そのもの。素の自分をさらけだした力強い言葉のはしばしに、気品あるたたずまいが見える。通りすがりに振り返ってみてしまうような、はっとする美しさがあるのだ。 昨日が良い日だったからといって、今
 
年を経るごとに、わからないことが増えていきます。それだけに生きているのが楽しい。知る喜びがたくさん残されているということですから
堀文子
 何度か紹介したことがある画家の堀文子さんの言葉をふたたび。御年99歳にしてなお現役で、未だ知らないことを知る喜びに胸踊るという。絵と自然を拠り所とし、ひとり生きてきた孤高の人は、神の御心のまま命を全うする喜びを知っているのだろう。 何も知らなかった子供のころ、大人は何でも知っていると思った。 成長
 
美しいものは若いのです。美しいものはつねにあたらしいのです
白洲正子
「韋駄天お正」とは白洲正子。命名したのは美の巨人、青山二郎である。男勝りな行動派の正子をそう呼んだ。自らの目で見、足を運んで執筆する姿は生涯変わらなかったという。本物を追い求め続けた彼女らしい言葉だ。 年若い人たちの美しさは、純粋無垢な白をまとった美しさ。 汚れを知らない、まっさらな美しさだろう。 
 
心とはいかなるものを言ふならん 墨絵に書きし松風の音
一休
 頓智和尚で知られる「一休さん」こと一休禅師の言葉である。禅僧でありながら酒や魚を喰らい、色ごとにも盛んだった一休は、かなりアバンギャルドな坊さんだったようだ。僧らしからぬ破天荒な行動をとりつづけたのも、宗教の形骸化への反逆心ゆえのことだったのだろう。かえってそれが、禅の本質をついているようで好感を
 
Recommend Contents
このページのトップへ