多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > とんでもなく美しい銀閣寺

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

とんでもなく美しい銀閣寺

2010.12.05

 今年の秋の京都、訪れたのは銀閣寺、西本願寺、永観堂、南禅寺、京都府植物園だった。

 京都の紅葉はどこへ行っても言葉にできないほど美しいが、とりわけ永観堂のそれはひときわ鮮やかだった。

 と、それはさておき、今回あらためて感じたことは、足利義政の「とんでもない美意識」だった。銀閣寺は見れば見るほど「とんでもない寺」だ。

 まず、総門から中門までの参道までがとんでもない。日常と隔絶した美の空間へのアプローチとして、これほど期待感を高める仕掛けもない。

 中に入ると、「とんでもない」の連続だ。中心になっている観音殿(銀閣)はもちろんとんでもないし、東求堂(とうぐどう)、錦鏡池(きんきょうち)、砂を波形に盛り上げた銀沙灘(ぎんしゃだん)、そして異様な円錐形の向月台など、その絶妙な配置は犯罪的にとんでもない。こういう美を求める人は、はっきり言って罪人です。

 しかも、展望所から見る全体の風景がまたとんでもない。色とりどりの葉の色に、人が作った造形美が拮抗している。義政は政治家としてはとんでもなく無能だったが、美意識にかけてはとんでもなく超人的だった。

 願わくば、いつか雪の銀閣を見たいものだ。雪の金閣もいいが、雪の銀閣は格別だろうな。

 

 話題は変わるが、民主党はまったくもって「トンデモナイ」政党だ。

 さる11月29日、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、参院本会議場で開かれた「議会開設120年記念式典」で、民主党ベテラン議員は秋篠宮殿下ご夫妻が入場された後、天皇皇后両陛下のご入場をお待ちになる間、ずっと起立されていたのに対して、「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたという。そんなヤツがセンセイ顔してのさばっていることが許せない。そもそも私は政治家に「センセイ」と呼ぶのも、呼んでもらって喜んでいる薄っぺらな連中も嫌いだ。

 仙石は自衛隊を「暴力装置」だと言った。命を張って国を守っている人たちに対し、いったいなんてことを言うのだ。最低の人間であることは火を見るより明らかだろう。ということはミジンコやゾウリムシ以下ということ。

 そういうゴリゴリの社会主義者で人間性のかけらもないヤツが政権を牛耳っているわけだから、この国も非常事態である。

(101205 第213回 写真は展望所から見た銀閣寺境内)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ