多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 地方の格差

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

地方の格差

2010.09.09

 仙丈ヶ岳に登った翌日、甲府の温泉に行った。毎年のことだが、山で体力を使い果たしてただの肉の塊となった後、ゆっくり温泉に入るのが楽しみのひとつである。

 今回は地方の格差について、である。具体的には、長野県と山梨県の「ちがい」。ちがいと言うより、「差」と言ってもいい。こう書くと山梨県の人たちに叱られてしまいそうだが、感じたままのことを書く。

 昨年まで主に長野県にある北アルプス方面に登っていたが、今年は山梨県側の仙丈ヶ岳だったので、温泉も甲府市近辺で探した。しかし、これといってピンとくる宿がない。やむなく適当なところを予約したのだが、これがじつにひどい宿だった。松本市には浅間温泉もあるし、扉温泉にはあの明神館もあり、簡単に言えば「選び放題」である。

 と、これはある意味、どうでもいい話だ。その土地の良さはいい宿があるかどうかだけで決まるものではない。

 しかし、ことは温泉だけに限らず、甲信越の「甲信」といつも並べて言われるものの、山梨県と長野県ではさまざまな面で格差が開いていると感じた。

 その日、お昼を甲府市の中心街で食べようと思ったのだが、これがなかなか見つからない。JRの甲府駅近辺に行けば何かはあるだろうと思ったのだが、そのあたりにもない。仕方なくしばらく車を走らせ、ようやくファミレスを見つけたのだった。甲府市はかなりの勢いでゴースト化しているという印象を受けた。

 その後、有名な昇仙峡に行った時はさらに驚いた。娘がまだよちよち歩きの頃、家族で行ったことがあるのだが(13年くらい前?)、その時と風景が一変していたのだ。休日だというのに、観光客が歩いていない。渓谷沿いの通りにある物産展の多くはシャッターを閉め、かろうじて開いている店も青息吐息といった印象だ。賑わっている観光地もあれば、死に体になったような観光地もある。これも格差だろう。

 今、日本は東京の一極集中がさらに進み、地方は疲弊の一途をたどっている。地方都市はどこも荒廃に向かっていると言って過言ではないだろう。さらに、その中で格差が開いている。甲府市と松本市を比べると、今の日本が直面している問題を感じないわけにはいかない。

 今後、地方の格差はますます開いていくだろう。今まで、都道府県は国の下請けとして国の言われるままにやっていれば地方交付税という麻薬のようなお金をもらえた。言い換えれば、格差是正資金である。

 しかし、夕張市の破綻に象徴されるように、これからは国が守ってくれるわけではない。いい加減な経営をしている自治体は立ち行かなくなる状況にある。そこをよくよく考え、その地域にとってどうすれば産業の振興ができ、何世代にもわたって繁栄を続けることができるか、答えを探るべきだろう。例えば、昇仙峡のように寂れてしまった観光地の再興を地元の役所の職員にまかせては無理な話だ。外部から専門家を招致し、地元の「バカ者」と融合させるなど、新たな発想が必要だろう。

 

 ところで、これはまったくの私見だが、山梨県の停滞の大きな理由は、日教組のドンが居座っていることではないだろうか。彼は先の参院選でもしぶとく勝った。言い方を変えれば、山梨県民はずっと日教組のドンを自分たちの代表に担いでいる。

 日教組こそ、日本人をここまでぶっ壊した張本人のひとつと言ってまちがいはないだろう。日本人であることを恥ずかしく思うような思想教育を進め、悪しき平等を唱え、日本全体を、そして地域全体を蝕んでいる。少し想像をたくましくすれば、その弊害が尋常でないことはすぐにわかる。

 幸いなるかな、私が住む栃木県は日教組の加入率が1%を切っている。だからなのか、小学校に入った時から朝礼での国旗掲揚は当たり前だったし、国歌に合わせ、国旗を掲げる役は栄誉だと思ってきた。小社が発行していた『fooga』で国旗と国歌を掲載した時も、批判はいっさいなかった。むしろ、「日本の国旗も国歌もほんとうに美しいと、あらためて思った」という意見をたくさんいただいた。

 ところが、以前、横浜に住む友人から、「高校に上がるまで学校で国歌を歌ったことがなかった」という話を聞いて、「うっそぉーーーーーーー!!!!!!!」と声を2オクターブ上げてしまった。

 今はそうではないと思うが、もし、そういう教育が全国の至るところでなされていたとしたらとんでもないことである。

 格差と自尊感情、自立というキーワードは、根っこの部分でしっかりと結びついている。

(100909 第189回)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ