多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】 > さざれ〜いしのぉ〜

さざれ〜いしのぉ〜

2010.01.07

 これが、あの「さざれ石かぁ!」

 見た瞬間、言葉が出た。

 日光二荒山神社の境内を歩いていて、偶然目にしたのである(写真右)。

 

 説明表示板にはこう書いてある。

──学名は石灰質礫岩。石灰石が長い年月の間に雨水で溶解され、その時に生じた粘着力の強い乳状液がしだいに小石を凝固させ、やがて巨石となったもの。

 俗に「子持ち石」とも呼ばれ、子授け・子孫繁栄の縁起のいい石とも言われている。

 

「さざれ」とは「細かい」という意味だ。

 

 文字通り、気の遠くなるような年月をかけて石となり、やがて苔がむすまで繁栄を願う、と謳う『君が代』の遠大な詞にあらためて深い感銘を受ける。

 ほとんどの国歌はマーチ調で、「敵をやっつけろ」といわんばかりの勇ましさだが、平和を愛する日本人ならではの国歌である。

 それに対し、敬意を表するどころか、掲揚さえしない愚かな教師どもがまだまだ多いが、まず着手すべきはそういう偏狭な教師の一掃であろう。前にも書いたが、私はそういう輩は問答無用で懲戒免職にすべきと思っている。なぜなら、子どもたちの思想を不健全にし、社会に害をもたらすからだ。信教の自由という次元の話ではない。

 民主党政権になり、再び日教組が息を吹き返した。「いつか来た道」を行くことのないよう願うばかりだ。

(100107 第141回)

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ