多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 人去って、花咲く

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

人去って、花咲く

2018.04.11

 今年の桜はかなり長期間楽しめた。3週間、ほぼ毎日晴れの日が続き、強い風も吹かなかった。週末ともなると、いつも利用している新宿御苑は人だらけで、千駄ヶ谷門は千駄ヶ谷駅まで長蛇の列、新宿門に至っては、3列が明治通りまで続くというありさま。ピーク時は入園するだけで1時間以上要したのではないか。

 ようやく人の波がおさまり、安堵している。ソメイヨシノもいいが、ほんとうに堪能できるのは、これからである。ソメイヨシノだけに熱狂する群衆を見て、またいつものように斜に構えて見ている私であった。

 この時期になると、さまざまな花が開花する。シモクレン、フゲンソウ、ハナミズキ、ハナカイドウ、ツツジ、ハンカチの木、ユキヤナギ、レンギョウなど、色彩の乱舞が繰り広げられる。

 この時期に咲く花で、私が好きな花に、シャガがある。あるとき、薄い青紫に惹かれ、まじまじと見つめていて、その完璧とも言える法則性に度肝を抜かれた。まず3枚、オレンジと青い絵の具で素早く着彩したような花びらが目につく。花火のようでもある。その間を縫うようにして、もう少し小さめの〝色塗りなし〟の花びらがある。花びらの縁には、小さなハサミで細かく切りこみをいれたかのような精妙なギザギザがある。多少の大きさの違いこそあれ、この形をした花びらがいっせいに咲き乱れているのだ。思わず、「うぉ〜」と声を漏らすはめになる。

 御苑には面白い形をした樹もたくさんある。写真下の樹は、二の腕を持ち上げ、「やるぞー!」と言っているかのようなスギ。こうやって擬人化して見ていくと、興味が尽きない。

 喧騒が消えて花が咲き乱れ、エアコンいらずのこの季節。なにはなくとも最高の季節である。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「〝みんな同じ〟が平等ではない」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180411 第803回 写真上はシャガ。下は「やるぞー!」のスギ)

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ