多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 熊本マリさんの話

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

熊本マリさんの話

2016.03.18

熊本マリ-中田宏 次号『Japanist』の巻頭対談のゲストはピアニストの熊本マリさん。横浜市在住ということもあって、写真家・森日出夫さんのスタジオで対談を行った。ホストはもちろん、中田宏さん。

 詳しい内容は本誌を読んでいただくととして、つくづく感じたのは、「思い立ったら行動だよなあ」ということ。
 スペインに留学していた15歳のとき、親友のカナダ人の女の子からクリスマスバケーションにカナダの自宅に誘われ、トロントまで行ったマリさんは、グレン・グールドがトロントに住んでいることを知っていたので、楽器店で住所をつきとめ、手紙をグールドに送ったという。
 しかし、当然ながら返事はなかった。普通であれば、それでおしまいという話だろう。ところが、マリさんは、なんと彼のアパートまで押しかけたのだ。しかも、偶然、グールドに会ってしまう。人嫌いなグールドに会うのは奇跡と言ってもいい。
 その後、アシスタントからグールドのメッセージが届く。
──あなたの手紙はしっかり読みましたが、自分は誰の演奏も聞いたことがないし、これからも聴くつもりはない。なぜなら、ぼくみたいな一人の人間が誰かの才能を判断することはできない。自分の才能というものは自分で作るものだから、あなたも自分を信じてがんばってください。

 

日本のメロディー この言葉は、このサイトにある「力のある言葉」でも紹介しているが、爾来、マリさんはこの言葉を肝に銘じているという。
 ちなみに、マリさんは数々のCDを出しているが、奥村一氏が編曲した日本の歌曲を集めた『日本の心、日本のメロディー』はお薦めです。
(160318 第623回 写真上は熊本マリ氏と中田宏氏)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ