多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 都内にこんな温泉があったなんて

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

都内にこんな温泉があったなんて

2013.06.30

さやの湯処 どお? 上の写真。なかなかの趣でしょ?

 これ、板橋区にある「さやの湯処」という日帰り温泉の禅庭と食事処なのである。

 都内にこんな日帰り温泉があったなんて、つゆ知らなかった。地方によくある、公営のつまらない日帰り温泉とは明らかに一線を画している。

 なにしろお風呂がいい。特に気に入ってしまったのは、薬草塩蒸し風呂。腰を屈めて穴蔵のような部屋に入ると、もうひとつ入り口が。さらに腰を屈めて中に入ると、そこは薬草がたっぷり含まれた、湿潤な空気が漂う暗渠。壺に入っている塩を掬い、全身に塗り込む。頭のてっぺんから足の裏まで。あとは座って、汗が出てくるのを待つだけだ。身も心も溶けてしまいそうになる。やがて、体の中の毒素が出ていくのがわかる。いや〜、多樂多樂。

 その後、穴蔵を出て、こんどは寝転び風呂に。その名の通り、薄く湯が張ってあるところに仰向けに寝そべってボォーッとする。いや〜、極楽極楽。

 座り湯もいい。石造りの椅子に座って、外の庭を眺める。後頭部あたりからお湯が溢れてきて、首や背中を流れる。いや〜、爽快爽快。

 ほどよく汗をかいたら、食事処で禅庭を眺めながら生ビールを飲む。体がワーイワーイと喜んでいるのがわかる。眠くなったら寝転がって眠れる畳の部屋もあるので、私にはうってつけ。

 強いて難をあげれば、食事の質だろう。これは大いに改善の余地ありだ。セルフサービスはいいとしても、注文の品ができたときに知らせるベルの音も騒々しくて興趣をそがれる。これも改善の余地、大ありだ。

 とはいえ、総合的には大満足。しかも、これで入場料は800円(土日は1000円)!

 安過ぎる! ほんとうにこの料金でいいのであろうか。

http://www.sayanoyudokoro.co.jp/

 (130630 第435回 写真は、さやの湯処の禅庭と食事処(公式サイトより)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ