多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 人間は進歩しない生き物

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

人間は進歩しない生き物

2012.03.13

 インドのムンバイ近海のエレファンタ島に広大な石窟寺院がある。その島はシヴァ神信仰の中心地であり、列柱ホールの最深部にある3体のシヴァ神は高さ6メートル弱ほどもある。4世紀から6世紀にかけて造られたと言われているが、どのような手法を使って、壁面にあのような石像を施したのか、想像すらできない。

 

 「インド人、ウソつかない」でも、「どういうアタマの構造か、わからない」。

 

 現在、同寺院は世界遺産に登録されているが、直接足を運ぶと、むごい姿に愕然とする。神像の多くが破壊されているのだ。なんと、17世紀頃、同地にやってきたポルトガル人が銃の練習の標的に用いたというのだ。

 人間というのは、なんと愚かなことをするのだろう。ポルトガルは今や没落した国の象徴のような国だが、そうなってしまったのも天罰としかいいようがない。

 この件に限らず、異教徒の心を踏みにじるような行為は、厳に慎むべきだ。末代まで恨みを買うことになり、しかも、その恨みは時間の経過とともに増幅される。

 大戦前、なぜ、アメリカで排日運動が盛んになったのかという資料のなかで、ポーツマス条約後の「日比谷焼き討ち事件」の際、暴徒が複数のキリスト教会を焼き払い、それに対して日本政府が謝罪しなかったことも遠因ではないかと書かれていた。それによって、ドイツから広がっていた黄禍論に拍車がかかったという。キリスト教に信仰が薄い日本人は、軽く考えていたのかもしれない。しかし、当事者の心の傷は深い。一方、先頃はアフガニスタン駐留の米兵がコーランを焼くという事件が起きた。人間というのは、学ばない生き物だ。

 

 さて、日本人の欠点のひとつに、総括できない、あるいは責任をとらせることをしないというのがあげられる。先の大戦後も、「なぜ、戦争を止められなかったのか」という総括は、ついぞなされなかった。日露戦争の際は、日本海海戦の大勝利に沸き立ち、総括ではなく、論功行賞に終わってしまった。つくづく、日本人は本当の総括ができない民族なのだと思わざるをえない。みんなが身内みたいなものなので、裁きにくいという面もあるのだろう。そうかといえば、行き過ぎた懺悔で思考力がなくなり、日教組のような愚かな組織がのさばるような事態になっている。

 長所を伸ばし、欠点を修正する。人だけじゃなく、国家も同じだと思う。

(120313 第325回 写真は、エレファンタ島の壊された神像)

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ