日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > だいたい、年齢なんて人間がつくったもの

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

だいたい、年齢なんて人間がつくったもの

熊田千佳慕

 98歳まで現役で、虫や花の小さな世界を描き続けた細密画家、“プチ・ファーブル”こと熊田千佳慕氏の言葉。没後刊行された『私は虫である』から抜粋した。

 

「おかげさまで、もう死ぬまで老後がなくて。今も現役だから、僕には老後がありません」

 急な展覧会などで作品を仕上げなければならなかったとき、80歳を過ぎていようが、90歳になっていようが、だれも千佳慕氏を年寄り扱いしなかったという。

 生前、千佳慕氏は「絵を描くことは神さまへのレポート」と言っていた。だからこそ、最期まで手を休めることはなかった。

 与えられた仕事の成果を、与えてくれた神に報告するために。

 

 人間がつくった年齢は肉体的な年齢であって、命や魂に年齢などない。あるとすれば、未熟か成熟かということではないだろうか。

 命や魂を輝かせることはいつでもできる。

 なんでもいい。

 自分にはこれしかないと思えるものができれば、いくつになっても命や魂は輝くだろう。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ