日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 目は見ることをたのしむ。 耳は聴くことをたのしむ。 こころは感じることをたのしむ。 どんな形容詞もなしに。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

目は見ることをたのしむ。 耳は聴くことをたのしむ。 こころは感じることをたのしむ。 どんな形容詞もなしに。

長田弘

 詩人、長田弘の『静かな日々』の冒頭である。

 

 われわれ人間の体は、じつにうまくできている。

 目も鼻も口も耳も手も足も、きちんと外部の情報をキャッチして、脳や内臓器官に伝達する。あたりまえのことだから、だれも気にもとめない。

 目は見るためにあるのであり、耳は聴くためにあるのだ。

 では、心は?

 心は感じるためにある。

 その心というものが、体の内部に潜んでいるもんだからなかなかつかみどころがない。

 つかみどころはないけれど、たしかに体の中に存在するらしく、心がキャッチした情報は、時間を経て体の表に出てくるのだ。良くも悪くも。

 

 幼い子供の頃にもどったように、ありのままの大自然を楽しむことができれば、心は感じる機能を取り戻し、自然の一部である自分は何を求め、何が必要で、何が必要でないかがわかるのではないだろうか。

(151108第136回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ