日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 本当の旅の発見は新しい風景をみることではなく、新しい目をもつことにある。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

本当の旅の発見は新しい風景をみることではなく、新しい目をもつことにある。

マルセル・プルースト

そこが地の果てだろうが世界遺産だろうが、帰路につくあなたの顔に、あなたの知らない別のあなたの眼光が宿らないのならば、それは旅ではなく暇つぶしに過ぎない。

プルーストがそこまでいっているわけではもちろんないのだが、そう拡大解釈したくなるほどに、プルーストの言葉はまったく正しい。そして耳が痛い。

なぜかといえば、旅と称した「暇つぶし」をむさぼる人々が、ことのほかわれわれ日本人に多いような気がするからだ。

 

プルーストのいう「新しい目」が視点や価値観の変化を意味するのなら、遠方に出向くことなく、見慣れた風景のなかでも“旅”は可能だ。

気持ちのありよう次第で、人はいつでも旅人になれるのだ。
珠玉のエッセイ『街角の煙草屋までの旅』で、吉行淳之介もそう綴っている。

(130228第64回)

 

 

 

 

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ