日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

自分がいいと思った反対にすれば100点になるのだ。自分を信じるのだ
バカボンのパパ
 バカボンのパパには数々の名言があるが、これもそのひとつではないだろうか。実写版「バカボン」の中で、0点をとったバカボンにパパが言った言葉である。 「0点は無限の可能性があるのだ」と言った後につづけてこう言った。0点に無限の可能性を見るバカボンのパパは、やはり天才。    なぜ自分のいいと思った答え
 
空気は世界最大の図書館である
ヴァレリー・アファナシエフ
 ベルギー人ピアニスト、ヴァレリー・アファナシエフの詩の一文である。ピアニストでありながら詩人であり作家である彼は、静寂をこよなく愛する。沈黙を語らせれば右にでる者はいないのではないだろうか。無の中にある有を見つめ、沈黙の中にある言葉をかき集めた詩集『乾いた沈黙』より抜粋した。    詩の断片を紹介
 
おてんと様に済まないから
ある百歳までいきたお婆さん
 白洲正子の著書『美しくなるにつれて若くなる』に登場する、あるお婆さんの言葉である。このお婆さん、白洲さんのご近所の方だったそうだが、元はヤクザの娘。世間の風当たりも強く、気苦労も絶えなかったのだろうと、本にあった。   「おてんと様が見ている」  そう言われつづけてきたころは、人の心も温かかった。
 
自分の姿に気づいて自然にかえる努力をした時に、自然の見えない力に助けてもらえるようになるのです
東城百合子
 自然食、自然療法の大家として知られる東城百合子さんは御年92歳。今も毎日出社し、料理教室の生徒たちに食の大切さを伝えているという。また、月刊誌『あなたと健康』の執筆は45年間続いているというのだから、驚きを通り越して心から尊敬する。その東城さんの言葉だから、ずしりと重い。  生きるか死ぬかという大
 
修行で、もっとも大切なのは、姿勢と呼吸の仕方です
鈴木俊隆
 アメリカにおける禅の基礎を築いた禅僧、鈴木俊隆禅師の言葉である。以前にも紹介したことがあるが、かのスティーブ・ジョブズとも親交があった人物。ジョブズのバイブルでもあった禅師の著書『禅マインド ビギナーズ・マインド』から再び抜粋した。再読すると、以前気づかなかったことに気づく。それが読書の醍醐味だろ
 
思考は矢のように、放たれたら的を射る。注意しないと自分の放った矢で倒れることになる
ナホバ族
 ネイティブ・インディアン、ナホバ族に伝わる言葉のひとつ。以前にもインディアンの格言を取り上げたが、自然のままに生きる彼らは同じ人間ではあっても、より大いなる存在「サムシング・グレート」に近いところにいるような気がする。見えざる力から受け取るセンサーが研ぎ澄まされているのだろう。本来は、誰もがそうで
 
Recommend Contents
このページのトップへ