多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 流行嫌いが清正の井戸へ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

流行嫌いが清正の井戸へ

2011.05.03

 広告会社の経営を24年以上もやっているのに、人為的に作られたブームが嫌いだ。

 「そういうことで、よく広告会社をやってこられましたね」と驚かれることがあるが、じつは自分の方が驚いている。

 そもそも、子どもの頃から人と同じことをするのがイヤだった。今でも流行の服を着るのは恥ずかしいことだと思っている。

 というか、誤解をおぞれずに言ってしまえば、そういうことを恥じらいもなくできる人は極端なお人好しか、あるいは思考力がない人だと思っている。なぜなら、自分で自分に合った服装を考えられない人だと思っていたから(その人に合っているのであれば、流行の服といえど悪いとは思わないけどね)。

 私はどちらかといえば着るものに頓着する方だが、店員がつかつかと寄ってきて、「今年はこれが流行ですよ」などと言ったとたん、その商品は選択肢からはずすような人間だ。とにかく、人気商品、人気店、人気タレント、流行り言葉というようなものが苦手なのである。

 なぜ、そうなのか、一度自分なりに分析したことがあったが、結局理由はわからずじまいだった。自分の奥底にいる自分が、そういうことを嫌っているとしか言いようがない。

 そこであらためて思った。そのことによって、失ったものはあっただろうかと。

 ない。まったく何もない。つまり、人と同じことをしなければいけないと思い込んでいるのは、一種の脅迫観念なのだと思う。

 そんな私であるが、あろうことか、明治神宮御苑の噂のパワースポット “清正の井戸” へ行ってしまった。

 うー、恥ずかしい! これを恥ずかしいと言わずして、なんといおうか。

 おそらく、あのブームも誰かが仕掛けたものだろう。でなければ、あんなに猫も杓子もこぞって見に行くはずがない。

 伝えによれば、加藤清正が掘った井戸だという。以来、一度も枯れたことがないのだという。だから、パワースポットなのだという。

 そういう思いで清らかな井戸を見れば、たしかに何かを感じるような気配がした。まあ、真実のほどはわからないが、そういうことにしておこう。

 それはともかく、明治神宮御苑には不思議な木がいっぱいある。実際になんらかの力が集まっている場所なのかもしれない。

 次回から2回に分けて、不思議な木を紹介したい。

(110503 第248回 写真は明治神宮御苑の清正井戸)

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ