日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > われもひとも うそもまことも へだてなく てらしぬきける つきのさやけさ

われもひとも うそもまことも へだてなく てらしぬきける つきのさやけさ

貞心尼

 良寛の最晩年に付き添った貞心尼。良寛を師と仰ぎ、和歌を交わすようになってからの、彼女が良寛に贈った歌の一首である。

 時代とはいえ、交換する言葉の手段の違いに、あらためて心の豊かさの違いを思う。

 

 わたしもあなたも、嘘も真実も、すべてをわけへだてなく照らす月。

 お天道様の太陽も同じ。

 

 どんなことがあっても、空には太陽も月も星たちもいる。

 朝も夜も、どこに行こうと、いつも付き添い見守ってくれている。

 たとえ雲で隠れていても、ちゃんとそこにいてくれる。

 

 陽の光は元気の素のエネルギーを与え、暗く沈んだときは月明かりでやさしく包んでくれる。

 

 だいじょうぶ、だいじょうぶ。

 ずっと見守っているから、安心して歩みなさい。

 あなたの思うように、歩みなさい。

 

 顔をあげて、足もとをみて。

 空から声が聞こえてきそうだ。

(180312 第346回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ