日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > フェンシングの先生は、コーヒー茶碗のなかで、余計な動きひとつなしに、スプーンをまわす回し方を見ただけで、剣士の腕を見抜いたのである

フェンシングの先生は、コーヒー茶碗のなかで、余計な動きひとつなしに、スプーンをまわす回し方を見ただけで、剣士の腕を見抜いたのである

アラン

 幸福論の提唱者の一人、アランの言葉をまたもや取り上げてみよう。幸福論だけに、どの言葉をひっぱってきても格言になってしまうから面白い。かといって、手抜きをしようと思っているわけではないので、あしからず。だって、この言葉、本質をついていると思いませんか?

 

 フェンシングも剣道も、剣士たるもの、無駄な動きは御法度なようだ。

 無駄な動きは、相手に隙を与えてしまうのだろう。

 

 無駄な動きとはどんなものか。

 こそこそしたり、きょろきょろしたり。

 おおげさだったり、かっこつけたり。

 きっと、いろいろあるにちがいない。

 では、無駄のない動きとはいったい…。

 

 アランはこう見ている。

「ほんとうの力は礼儀作法に反するものではない」と。

 つまり、礼儀正しいことが、無駄のない動きをつくると言っているのだ。

 

 え? そんなこと?

 そう、そんなことです。

 

 「フェンシングは、いわば礼儀正しさのスポーツであって、これはそのまま礼儀作法に通ずる。粗暴さや荒ぶる力を感じさせるものはすべて、無作法である」

 

 力みすぎると声も必要以上に大きくなるし、落ち着きもなくなる。

 肩に力が入れば、動きもぎこちなくなって、所作も慌ただしくなるだろう。

 

 内面の弱さは、外面を頑強にさせる。

 力をつけたければ、力を抜こう。

 

 なめらかで落ち着きのある美しい姿は、強い精神力のあらわれ。

 まずは肩の力を抜いて、心と体を静かに整えてみませんか。

(180303 第343回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ