日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

松浦静山

 肥前国第9代平戸藩主、松浦清の言葉。正確に言えば、47歳で家督を息子に譲った後、松浦静山の名で執筆した随筆集『甲子夜話』の中の一節である。

 東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉監督、野村克也氏の座右の銘として話題になった。

 

 勝負は時の運とはいうものの、ひとつだけはっきり言えることがある。

 偶然に勝つことはあっても、偶然に負けることはない。

 失敗の裏には、必ず落ち度があるはずなのだ。

 

「たまたま運がよかった」というのも、もしかすると、運を味方につけるような努力をしていたのかもしれないし、知らないうちに徳を積んでいたのかもしれない。

 だとしたら、運の善し悪しを決めるのは、日々の過ごし方の如何によるのだろう。

 

 勝った負けたで一喜一憂する必要はない。

 そこから何を学びとるのかが問題なのだ。

 

 何をもって成功というのか失敗というのかは、人それぞれ。

 ただし、二度と同じ目には遭いたくないと思うことがあるなら、それは失敗に学ぶべきではないか。

 

 ちょっとした手抜きが勝敗を分ける。

 先手をうった準備と努力をしていれば、危機を察知する直感力は冴えてくる。

(170921 第351回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ