日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花サク。 ナニゴトノ不思議ナケレド。

薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花サク。 ナニゴトノ不思議ナケレド。

北原白秋

 詩人であり、童謡作家であった北原白秋の詩集『白金之独学』より、「薔薇二曲」の一曲目。

 藤原道三作曲で歌われている。NHKの某子供番組で流れていたことで、広く知られたようである。

 

 なんのことはない。

 薔薇の木に薔薇が咲いたというだけだ。

 

 しかし、考えてみれば不思議なことではないか。

 だれもなにも教えていないのに、時期がくればちゃんと咲くのだから。 

 動物だって、右足が出れば左足がでるというように、左右交互に手足が動くから歩いたり走ったりできるのだし、呼吸をすることも、心臓が動くことも、自分の意志とはまったく関係ない働きである。

 

 すべての生き物に備わっているこの不思議な働き。

 これこそ、天からの授かり物だろう。

 春来たらば草自ずから生ず、である。

 

 では、二曲目を紹介しよう。

 

 薔薇ノ花。

 ナニゴトノ不思議ナケレド。

 照リ極マレバ木ヨリコボルル。

 光リコボルル。

 

 花盛りが過ぎれば、薔薇も木からこぼれ落ちる。

 働きの終わりである。

 しかしそこには、土に帰らんとする美しい薔薇が横たわっているではないか。

 

 性を生ききった末期は光りのごとく美しい。

 なんとこの世は美しい。 

 今こそ植物たちの姿をみならいたい。

(170616 第322回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ