日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > ものごとは、がんばって好きになっていくのが、本当なのではないでしょうか

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

ものごとは、がんばって好きになっていくのが、本当なのではないでしょうか

みうらじゅん

 漫画家でありイラストレーターのみうらじゅんの言葉。

 長髪とサングラスの姿はあやしげで、ちゃらんぽらんな雰囲気満載のこのおじさん。出てくる言葉はテキトーなようにも聞こえるが、その実、なかなか奥の深いことに驚かされる。    

 

 好きな食べ物に好きな人、好きな仕事、好きな本、好きな場所、好きな映画・・・・。

 人にはそれぞれの「好き」がある。

 そして、「好き」には段階もある。

 ちょっとだけ好きなのか、すごく好きなのか、三度の飯より好きなのか。

 もちろん、昔から好き、最近好きになった、という時間の経過もあるだろう。

 

 それまで好きじゃなかったし、むしろ嫌いだったはずなのに、いつのまにか好きになっていた、なんていうこともよくある話だ。

 

 仕事でもなんでも、それが生きていくために必要となれば、嫌でも向き合っていくしかない。

 だとしたら、嫌々やっていても人生おもしろくない。

 いいところを見つけて、ときには好きになる努力も必要になる。

 

「むりやり好きになったわけですから、努力が入ってるわけですから、もう、好きに決まっているわけですよ」

 とみうらが言うように、

「本当の好き」には努力がつきもので、続くということは、それだけでもう「好き」と証明しているみたいなものだ。

(170404 第299回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ