日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 仏神は貴し、仏神をたのまず

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

仏神は貴し、仏神をたのまず

宮本武蔵

 決戦前に神社に立ち寄り、勝利を祈ろうとした武蔵が自戒を込めて書き残した言葉がこれだ。

「神頼みをしようとする己の弱さこそが敵ではないか」と。

 

 神社に行き、賽銭箱にお金を入れて願い事を唱える。

「宝くじが当たりますように」「どうか、願いが叶いますように」など、

一度や二度ならず、誰もがやっていることだろう。

「神さま、なんとかしてください」と。

 

「困ったときの神頼み」ほど、神様が困り果てることはない。

「おい、おい、勝手なことばかり言って甘えるんじゃない。わしはドラえもんじゃないぞ」

 なんてことを思っているかどうかはわからないが、神様や仏様は万屋ではないことは確かである。

 

 神や仏に畏敬の念は払っても、決して依存はしない。

「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす」

 大いなる存在に守られていることを信じ、己の力を信じて突き進む。

 その精神と研鑽が神や仏の目にとまり、道は開いてゆくのだ。

(170121 第276回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ