日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 上手くなろうとすることをやめた

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

上手くなろうとすることをやめた

安西水丸

 2014年に逝去した安西水丸氏は、“下手ウマ”な絵を描くイラストレーターだった。作家の村上春樹をはじめ、有名無名問わず、彼のファンは多い。
 特別うまい絵を描くわけでもないのに、彼の作品は魅力的で、どこからみても「安西水丸」と版を押したように個性的だ。
 名前は知らなくても、絵を見れば「ああ、これね」と思う人もいるのではないだろうか。

 

 彼の個性的な絵は自分を知ったことによる。
 フランスのルーブル美術館でミケランジェロの絵を見たとき、「ああ、自分には無理だ」とあっさり上手くなることをあきらめたという。
 幼い頃から絵が好きで、もっと上手くなりたいと思っていのだが、自分の力量を知り、それならと、方向を変えたのだ。

 

 「正確に描くよりも、自分の見えたままに描く。それが他人には別物に見えたとしても堂々としていい。自分の気持ちをあらわすこと、自分のイメージを表すこと、何より楽しんで描くこと」
 安西氏のモットーだった。
 もっともだと思う。

 

 人生いろいろだが、なにものにもとらわれない安西氏の“下手ウマ”な絵を見るたびに、「上手く生きようとするのをやめよう。自分らしく楽しく生きよう」と思うのだ。

(160811 第224回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ