日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 価値ある人生を活きるには、まず自分の本質の尊さを正しく自覚することが必要である

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

価値ある人生を活きるには、まず自分の本質の尊さを正しく自覚することが必要である

中村天風

 日本初のヨーガ行者で心身統一法を世に広めた中村天風の言葉である。天風は、重度の結核によって弱くなった精神を鍛えようと、行き着いたインドで宇宙や生命の原理を体得し、悟りを開いたという。

 天風が書き残した箴言は、宇宙からのメッセージにも思える。

 

「一度きりの人生だから…」と人はいう。

それなのになぜ、望むような人生とはならないのか。

 

 天風はそれに対し、「自分の本質の尊さに気づいていない」と指摘する。

「自分の本質の尊さ」とは何か。

 

「自分らしさ」である。

 

 人も自然の一部として「あるべきうやうわ」と説いたのは高山寺開祖の高僧、明恵上人だが、自然のありようこそ人のありようだということ。

 

 天風はこうも言っている。

「健康や運命というものは、それを消極的に考えない人びとにのみ恵与されるよう、宇宙真理ができている」と。

 自分自身の本質を疑うなかれ。

 あるべきように生きてみよう。

(160720第117回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ