日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自分の中に〝カネのなる木〟をたくさん育てる

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

自分の中に〝カネのなる木〟をたくさん育てる

田口佳史

 以前も登場した東洋思想研究家の田口佳史氏の言葉である。最近刊行した『40代から人として強くなる法』の中の一文。

 40代の人に向けた人生の指南書ではあるが、どの年代にも通ずる人生哲学書であるのはまちがいない。一読をおすすめする。

 

 40代というのは人生においての分岐点。

 20代、30代のように若くもなく、かといって50代、60代のように胆力が据わっているわけではない。下からつつかれ、上からは押さえつけられる、まさに中間管理職の立場である。

 だからこそ、今後の人生を左右する年代とも言えるのだ。

 今の立場に慢心して守りに入るのか、さらなる高みを目指して邁進するのか。

 

 田口氏は40代の慢心に対してこう警鐘をならす。

「40代までに手にする成功など、たかが知れています。今後のさらなる飛躍のための通過点にすぎません。そこで満足している場合ではないのです」

 

 ゆえに田口氏は『老子』の言葉を引用する。

「〝高き者は之を抑え、下き者は之を挙ぐ〟

 慢心すると、努力を忘れます。好調を支えるものは、より高きをめざして進む日々の努力にほかならない」と。

 

 人生は、いつなんどき何が起こるかわからない。

 そのことを胆に命ずる必要がある。

 

 自分の中の〝カネのなる木〟とは。

「『これで食える』というものを複数準備しておく。これは、40代から人として強くなるための鉄則です」

 

 これからの時代、どの世代にも通じる言葉ではないだろうか。

(160708第113回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ