日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる

西行

 武家に生まれ、鳥羽上皇に仕えるものの、友人の急死により世の無常を知った佐藤義清。

 またの名を、西行という。

 西行が25歳で出家する際、愛娘を縁から蹴落としたというエピソードは有名である。

 恩愛を自ら断ち切る胸の内は断腸の思いであったろう。

 家族を捨て、故郷を捨てた西行が辿りついたのは、そんな自分をも快く受け止め、花を咲かせてくれる桜の木の下であった。

「ねがわくは花のしたにて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」

 享年73歳。その願い通り、西行は桜のころに旅立った。

 

 人は誰しもひとつやふたつ、罪らしきものを背負うことはあるだろう。知らぬ間に、人を傷つけ、悲しませてしまうこともあるかもしれない。

 ときに道を誤り、間違った方向へ進んでしまうことも。

 それでも前を向いて歩まねばならない。迷いながら、軌道修正しながら。

 旅の途中、お伊勢参りをした西行は、その神々しさに胸を打たれ、歌を詠んだ。

 

 なにごとのおはしますか知らねども かたじけなさに涙こぼるる

 

 目には見えないけれど、誰かや何かがいつもそばで見守ってくれている。

 そう感じられるだけで、涙がこぼれるほどありがたい。

 穏やかに頬をなでる春の風が、その存在の温かさを教えてくれる。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ