日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自分に合わせるのじゃなく、天に合わせる。それは、不都合を引き受ける。嫌なことを引き受けることだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

自分に合わせるのじゃなく、天に合わせる。それは、不都合を引き受ける。嫌なことを引き受けることだ

東城百合子

 自然療法の大家で知られる東城百合子女史の言葉だ。

 

「天に合わせる」とは、天に従うということ。
孟子の「天に順う者は存し 天に逆らう者は亡ぶ」に通じる。

 

 一見、不都合に思えることや嫌なことは自分にとって不利なように思えるが、時間を経て振り返ってみれば「あのことがあったおかげで」ということはよくあること。今さら言う必要もないだろう。

 とはいうものの、そう簡単にできないのが人間の弱さである。

 

 「不都合なこと」「嫌なこと」と勝手に判断しているのは、ころころ変わる勝手な心のしわざにすぎない。
 つねに成長を求めている魂は、すべてを引き受ける覚悟ができていて、不都合なことや嫌なことこそ、さらなる上のステージにつながるとわかっている。
 その魂は、天に通じているのだ。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ