日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人が死んだ後に残るものは集めたものではない。与えたものである。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

人が死んだ後に残るものは集めたものではない。与えたものである。

横内祐一郎

 ギター製造会社フジゲン会長、横内祐一郎氏の言葉だ。異国の地でのギター販売営業で苦境に陥っているときに受けた恩情が、彼の人生に大きな影響を与えたという。

 

 人間本来無一物。

 人はみんな、何も持たずに生まれ、何も持たずにこの世を去ってゆく。

 当たりまえのことだが、生きて元気なうちは、そんな当たりまえのことすら忘れている。忘れて欲望を満たそうと、いろいろ手に入れることにあくせくするのだ。

 しかし、それが生きているという証拠でもある。欲があるから元気にもなる。その欲がどこに向けられているのかが重要ではあるが…。

 

 与えよう。集めても集めてもいつかはこの世を去るのだから、集めたら与えよう。

 集めて得たものは、きっとだれかの役にたつ。

 それが循環というものだろう。

(151121第140回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ