日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自然のいちばん繊細な手仕事は、小さなもののなかに見られます

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

自然のいちばん繊細な手仕事は、小さなもののなかに見られます

レイチェル・カールソン

 環境問題の告発本『沈黙の春』で知られるレイチェル・カールソンが、最期の手記『センス・オブ・ワンダー』で、自然へのまなざしをこう書き残している。

 

 色を変え、姿を変える木々のまとう葉や、飛び交う鳥や草かげにひそむ虫たち、道ばたで人知れず咲く草花、あるいは、風の声、小川のせせらぎ、雨あがりのみずたまり……。

 いつもの見慣れた景色でも、思わず魅せられてしまう瞬間はあるだろう。

 

 自然の力とは、たとえ忘れてしまっていたとしても、自然同志が互いに呼び合う力なのではないか。

 幼い子供の感受性が大人以上に優れているのは、まだ自然のありようのままだからにちがいない。

 小さいからこそ、小さなものや小さな変化に敏感なのだ。

 大きく見えるこの世界は、小さなものの集まりでできているのだから、ささやかで、小さなことを疎かにはできない。

(151026第132回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ