日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 神様は、人の役に立とうとしている人を応援してくれます

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

神様は、人の役に立とうとしている人を応援してくれます

大山泰裕

 障害者雇用で有名な日本理化学工業会長、大山泰裕氏の言葉である。

 

 日本理化学工業は今ではチョーク業界ナンバーワンのシェアを誇っているが、そこに至るまでの道程は紆余曲折だったという。マーカーの普及に伴い、チョークの需要が少なくなったとき、障害者たちの居場所も危ぶまれたが、彼らに救いの手が差し伸べられた。それも、「人の役に立ちたい」という障害者たちの声と、「彼らを幸せにしたい」という周りの声、「この会社を支えたい」という協力者の声が神に届いたのかもしれない。

 

「人間の究極の幸せは、人に愛され、人に褒められ、人の役に立ち、人から必要とされることです」

 大山会長は、住職からこう聞かされたとき、障害者たちの心に触れたという。

 

 人の役に立てば褒められ、必要とされて、いつしか愛されるのだということを、ほんとうは誰もが知っている。

 だから「ありがとう」と言われると嬉しくなる。

 自分ができることで周りが喜んでくれると、ことのほか幸せを感じるのは、人間の究極の幸せを知っているからなのだろう。

(151019第130回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ