日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 問えば言ふ 問わねば言わぬ達磨どの 心の内になにかあるべき

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

問えば言ふ 問わねば言わぬ達磨どの 心の内になにかあるべき

一休

「面壁九年」と言えば、菩提達磨。

 洞窟の岩壁に向かって9年間座りつづけ、沈思黙考の末、さとりに達したと伝えられている。

 禅の坐禅は、ここからきているという。

 

 座るもよし、立つもよし。

 我を忘れるほど、何かにとことん打ち込むことが重要だということ。

 

 問いも答えも外にはない。

 ひたすら自分自身との対話で問答をくりかえすことが、唯一、行きたい場所に行ける近道なんじゃないだろうか。

 こんな近道なら、だれも文句は言わないのでは?

(151007第126回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ