日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > みがかずば玉も鏡も何かせむ  まなびの道もかくこそありけれ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

みがかずば玉も鏡も何かせむ  まなびの道もかくこそありけれ

昭憲皇太后

 明治天皇の皇后、昭憲皇后は、女子教育の新興や数々の社会事業に取り組まれ、多大な功績を残されたことで知られている。明治天皇同様、和歌にも親しまれ、その数約3万6千首にもおよぶ。

 この言葉は東京女子師範学校ができたときに贈られた言葉だ。お茶の水女子大学となった今でも受け継がれている。

 

 どんな宝石も、掘り出された原石のままではただの石ころ同然。磨かれて初めて、美しく光り輝く価値ある宝石となる。さらに丹念に手入れをし、磨けば磨くほど輝きは増していく。

 人間も同じ。きちんとした教育があり、学びつづけることで人間的魅力は増していく。

(150902第116回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ