日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 勉強しない人の気持ちは3つある。ひとつには「歳をとりました」、ふたつ目は「馬鹿ですから」と。そうでなければ、「私は才能が高く、もう学問は極めました」と。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

勉強しない人の気持ちは3つある。ひとつには「歳をとりました」、ふたつ目は「馬鹿ですから」と。そうでなければ、「私は才能が高く、もう学問は極めました」と。

吉田松陰

 人は成長し続ける生き物だということはわかっていても、やろうとしない。

 しない、できない理由をあげればいくらでもある。

 若い頃と同じようにしようとするからできないだけであって、年相応、自分にあった方法をみつければできることはたくさんあるもの。やってみれば、今までできないと思っていたことができることに驚くこともある。

 3つ目の言葉は、案外、状況によっては無意識に思ってしまうことかもしれない。

 自分より年若い人や未熟だと思っている子供に教えられることはたくさんある。

 一生学び。いくつになっても謙虚な気持ちで学ばなければと思う。

(150818第112回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ