日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > われ、十四歳のことがまたあるか。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

われ、十四歳のことがまたあるか。

徳川 頼宣

徳川頼宣は家康の十男にして、紀伊徳川家の藩祖。
幼い頃から気骨の溢れる少年だった頼宣は、十四歳のとき大阪の陣で初陣を飾る。
先鋒に立つことを望んだ頼宣だったが、家康はこれを認めずに後方に詰めさせる。
そして大阪城は落城。悔し涙に暮れる頼宣に、家臣は「殿はまだお若い。また戦はあるでしょうから…」と慰めるが、そのときに言い放ったのがこの言葉。

 

頼宣は二十歳のときも三十歳のときも、常にこの言葉を心がけていたのではないだろうか。
十四歳の頼宣の言葉を、家康は褒め讃えたと伝えられている。

(110415第13回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ