日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

不幸を克服するよりも、幸せを上手に扱うほうがむずかしい
幸田文
 文豪、幸田露伴の娘であり随筆家、小説家の幸田文の言葉。著書『しあわせぼけ』の中の一節である。 幼い頃から父より厳しいしつけを受け、家事全般を叩き込まれた彼女は後に、著書『しつけ帖』にそのときの様子を心象風景を交えながら事細かに綴っている。厳しく育てられた彼女だからこそ、その後の波瀾万丈な人生をたく
 
人間というのは概して、自分の頭で見つけた理由のほうが、他人の頭で発見された理由よりも、深く納得するものだ
ブレーズ・パスカル
「人間は考える葦である」という言葉で有名な、フランスの数学者であり哲学者のブレーズ・パスカルの言葉。彼の死後に編纂して刊行された著書『パンセ』から抜粋した。 子供の頃は親や大人の意見はうるさいだけだったが、大人になってようやく「ああ、あのときのあれはこういうことだったのか」と、納得することは多い。 
 
人間の一生というものは、自分自身へ到達するための道のりだ
『デミアン』より
 ドイツの文学者、ヘルマン・ヘッセの小説『デミアン』からの抜粋。 戦争時代を生き抜き、それまでの価値観が一掃される世の中と自身の人生の転換期が重なった苦悩が、ヘッセを東洋的思想へと導いた。 生と死、光と影、明と暗…。陰陽という相反するもので構成されているこの世の真理を探りながら、ヘッセは物語りの主人
 
本物のプラス思考は、自分の弱さや失敗を受け入れられることが大前提です
 誰のことばだったろう…。思い出せない。思い出せないが、イメージトレーニングをする際に、心しておくことのひとつであることは確かだ。 「プラス思考」「マイナス思考」という言葉をよく聞く。 起こった出来事に対し、良いように捉えるのか、悪いように捉えるのかで心持ちが変わるというものである。 マイナス思考は
 
ルールは盲目的に従うものではなく、自分たちで創るものである
イヴォン・シュイナード
 独特の経営哲学をもつアメリカのアウトドアスポーツブランド「パタゴニア」。創立者のイヴォン・シュイナードがつくった「PATAGONIAN100ヶ条」はユニークなルールばかりだ。その筆頭がこの言葉というのもおもしろい。「ルールは創るけれど、それをおしつけませんよ」と、最初に念を押しているようではないか
 
つまらないと思った仕事でも、一生懸命やってみろ。そうしたらおもしろくなる
黒澤明
 映画界の巨匠、黒澤明の名言である。彼の甥でありエッセイストの島敏光氏の著書『黒澤明 59の言葉』から抜粋した。近親者であったからこそわかる、〝世界の黒澤〟の本質にせまった言葉がずらりと並ぶ。数々の映画の名場面に使われたセリフは、そのまま黒澤の思いだったにちがいない。名台詞に添えられた島氏のエピソー
 
Recommend Contents
このページのトップへ